banner

水源地として魅力的な長野

今年の夏休みに長野まで旅行へ。松本市の安曇野のあたりです。
360度山に囲まれ、見渡す限り田んぼや畑が広がる風景は爽やかで、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。
さすが豊かな水資源と言われるだけあって、地図でも車で移動中にも川が目立ちました。
驚いたのが宿泊した旅館も、滞在中立ち寄った飲食店でもトイレに湧水を使っていることです。
湧水を使ったシャワーは肌に優しく、多少の傷ならお湯が当たっても全く痛くないのには感動しました。
名前の通り山のふもとにある山麓線は綺麗に舗装されているのに信号は一切なく
森に囲まれているので、ドライブしていてとても気持ちが良い道路なのですが、
その山麓線から山の方へ少し登っていくだけで、さらに涼しく空気が澄んでいくような感じがします。
8月だというのに、紫陽花が咲いていました。
そこから眺める、遠くの山を背景に広がる松本市の街並みがとても美しい。
また山麓線沿いには国営あづみの公園があります。
ここも自然に囲まれた広大な場所で、柔らかいフリスビーを使ったゴルフや、
ハンモック、自然の素材を使った創作工房など、1日で回るのは難しいくらいに充実しています。
ちょうど夏ということで、水辺の休憩所には陸から池に向かって滑り台が設置してあり
その日は曇りで気温が低いにもかかわず、沢山の子供たちで賑わっていました。
カップルで、家族で、夏の暑さを忘れるにはもってこいの場所ではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 長野の総合ポータルサイト Na.o Mix TV All Rights Reserved.